FC2ブログ

孫作の育児日記

新米パパの育児日記と回想録 禁煙日記 子供と遊ぶプラレールのアレコレ ニンテンドークラシックミニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

簡単に自転車に乗れるようになる練習方法

ものの数時間で自転車に乗れるようになったので、

自転車の練習の成功例

自転車を買ったお店と相談したところ、かなりスムーズに乗れるようになりました。


●用意するもの


◎自転車
当然必要になります。身体に合った自転車を選びましょう。
最初は跨った状態で両足がきちんとつくこと。
自転車屋さんに聞いたらタイヤの大きさは関係ないそうです。
サドルの高さが低く調節できるのであれば大丈夫。

余談ですが、ちゃんと乗れるのにサドルを低くしている人がいますね。
ペダルを踏みこんで膝が大きく曲がった状態だと、漕ぐのがめちゃ疲れますよ。

◎ヘルメット(サポーター)
頭部は絶対に守らないといけません。まず間違いなく転びますから。
肘、膝のサポーターもあれば尚良し。
膝小僧を擦り剥くぐらい当然と考えていれば必要ないでしょう。うちは使いませんでした。

◎工具
基本的に自転車が整備できる程度の工具は揃えておきましょう。何かと便利です。
今回必要なのは、ペダルを外すことの出来る工具です。
六角レンチやモンキーレンチあたりが必要です。
もしかすると自転車に付属しているのもあるかもしれません。
チェックしておきましょう。

◎広い場所
近所の公園などで練習しましょう。
転んだ時のことを考えて、柔らかい地面を選びがちですが、
出来れば、アスファルト、タータントラック、固い土などの方がいいです。




●準備


自転車からペダルを外します。
買ったばかりですと付いていないこともありますがそのままで。
補助輪はいりません。外しましょう。





では早速練習

の前に

子供に自転車の危険性をきちんと説明してあげてください。
自転車云々の話ですが、事故やケガの防止のために道路の危険性、自動車の危険性
ギアやチェーンで指を巻き込まないようにだったり。
それから誰かをケガをさせないための、自分自身の自転車の危険性。

乗れるようになると夢中ですっ飛んでいきます。
その前に注意喚起しておきましょう。
それでもすっ飛んでいきますが…





では最初に。


●押して転がします。



必ず自転車の左側に立ちます。
このときスタンドの上げ方、下げ方も練習します。
バイクの練習で8の字に押して歩くのがありますが、
右方向に押していくのは最初は難しいので、まあ大きく1周出来ていれば大丈夫です。


●跨ります。



ハンドルを握って、足で歩くように進みます。
ペダルがないので、足を前後に動かすのが容易だと思います。
もしストライダーのような、ランニングバイクに乗れている様な場合は、
多分簡単に出来るところだと思います。

ここで大事なのは、ブレーキをきちんとかけることが出来るようになることです。
ランニングバイクに慣れてしまっている子は、バランスは上手に取れている反面、
ブレーキは足でかけるものだと思っているので、止めるときに足が出やすいです。

ハンドルを握った状態から、ブレーキに指を伸ばすまで多少のラグがあるので、
すぐにブレーキがかけられるように練習しましょう。
声をかけた瞬間に、ブレーキが掛けられれば十分です。

ちょっと足で進んでブレーキ、ちょっと進んでブレーキ。

止まることができれば、事故は最小限に抑えられますから一番大事なところです。


●曲がります。



歩くように進むことが出来て、ブレーキが掛けられれば、
段々と自然に地面を蹴る力も強くなり、一歩で長く進むようになります。

この段階で、緩やかな下り坂があれば、下ってみてください。
ブレーキがかけられること前提ですが、自然と両足が上がっている時間が長くなります。

この段階で自然とハンドルを曲げられる子もいます。
もしうまくできないようであれば、
首だけ曲げないように、体ごと進みたい方向を向くように教えてあげてください。
角度はほんのちょっとで構いません。
まずは少しだけ方向が変わればそれで大丈夫です。

大きくUターンが出来るようになれば、ほぼバランスはとれていると思います。
ペダルさえなければ、バランスをとることはさほど難しいことじゃないんです。

バランスがとりにくいようであれば、その子の顔を見てあげてください。
多分怖くて、下を見ていると思います。
遠くを見るように、顎を上げるように。前輪が視界に入らないくらいがいいですね。
難しいようだったら、遠くから正面に立って、お父さんお母さんを見るように指導してください。





●ペダルなし自転車で出来るようになってほしいこと


・ブレーキをかけられること
・進みたい方向に進めること
・顎を上げて前を見られること






●ペダルを付けます



上のことができるようになったら。
次はペダルの練習です。

自転車にペダルを取り付けましょう。
そのまま走り出すのは、困難なので、
まずはスタンドを立て、ペダルだけを漕ぐ練習をします。
補助輪付きで乗っていた子は、ここが得意です。
ペダルに足を乗せたことがない子にとっては、実は結構難しいペダル。
足を前に前に、踏み出す練習です。
片側スタンドの場合は、ブロックに乗せたり、後ろを持ち上げたりして後輪を浮かせてください。
空転だと負荷が全くかからないので、後輪を足で抑えるなどして
後輪が接地しているときと同じような負荷をかけてあげてください。

このとき、ペダルに足をのせる際にペダルを探すので顔が下を向き、
そのまま下を見続けてしまう子がいます。

足をのせたら前を向くように、下を見ないように練習です。
足だけで探ってペダルに足をのせられると尚いいですね。

下を見ずに、前に漕ぐことができるようになったら。
もう一つ練習です。

右側のペダルが前方上になるように、左足で逆回転して、
ペダル位置を調節できるようにしておきます。
利き足次第かもわかりませんが、左右はどちらでもいいと思います。
通常は左足が付くと思うので、右から踏み込むイメージ。
ペダル位置を調整して右足が最初に踏み込めるようにしておくわけです。

この状態で、左足を地面につけ、右足はペダルの上。
片側に軽く体重をかけ、片側の足だけで立ってて欲しいわけです。
自転車に乗る最初の体勢が出来るようになりましょう。



●停止したペダル付き自転車で出来るようになってほしいこと


・前に漕ぐことができる
・顎を上げて前を見て漕げる
・ペダル位置の調整が出来る
・片側重心で立っていられること





●実践です



ここまでで、ペダルなしとペダルあり、
それぞれで必要なことは練習しました。

あとはこれの組み合わせです。

とは言ったものの、最後の難関があります。

自転車は走り出せば、安定します。
止まっているとMBX使いでもない限り足を上げたら倒れます。

この0から1のあいだにグラつきながら、ペダルを踏みこみ、
倒れる前にスピードに乗って、逆の足でまたペダルを踏み込むというのが、最後の関門です。

この関門をクリアするための、先ほどのペダル位置の調整です。
一番力が入りやすいところにペダルを置くことで、
バランスを崩している時間を最小限に抑えます。

このとき地面が柔らかいと、踏み出しにかかる力が多く必要になるので、
余計に転びやすく難しくなります。固い地面がいいのはこのためです。

難しいようであれば、軽くサドルの後ろを抑えるなりして、
踏み出しと同時に軽く前に押し出すように補助してあげてください。

これで、ペダルが2~3回でも漕げていれば、もう乗れると言ってもいいと思います。
あとは、反復練習というか、乗れるのが楽しくなってるはずなので、
段差のイレギュラーだったりは、自然と体に染み込んでいくはずです。




●まとめ


・とにかくブレーキが一番大事です。
・前を向きましょう。
・二輪のバランスに慣れることとペダルで進むことを別に考えましょう




あくまで成功した場合の一例です。
子どもの成長具合に合わせて練習してください。
すいすいっと出来てしまうところも、苦労するところも
その子によってそれぞれです。



もしお父さん、お母さんが難しい場合には、
自転車教室みたいなものも開催されているので、そういったものを利用されるのもいいかと思います。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

[ 2016/09/01 12:55 ] 育児 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

函館孫作

Author:函館孫作
twitter:@h_magosaku

お問い合わせ
管理人 函館孫作へ
お問い合わせはこちら から
当ブログはリンクフリーです。
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。