FC2ブログ

孫作の育児日記

新米パパの育児日記と回想録 禁煙日記 子供と遊ぶプラレールのアレコレ ニンテンドークラシックミニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トイラジコンを遅くする方法

子供が興味を持ったラジコンカー

大きく分けてラジコンは2つあって、
トイラジコンとホビーラジコンと言うらしい。

トイラジコンというのは、簡単に言うとおもちゃ。
購入直後から電池を入れれば遊べる比較的に安価なラジコン
量販店で取り扱ってますね。

ホビーラジコンというのは、自分で組み立てるもの
制作、整備、修理、セッティング、チューニングなど
性能が高く、比較的高価な趣味用のラジコン。
こちらは模型屋さんとかで。

ホビーラジコンはさすがに4歳児には組み立てが難しそうですし、
いつ飽きるかわからないし、
あまり高価なものはと思い、トイラジコンを購入したのですが、

これがとんでもなく難しいのです。

コントローラのキーは2つ。
前進/後退と右/左で
何が難しいのかとお思いでしょうが、

子供はもちろんのこと、大人でもちゃんと動かせるとは思えません。

前進/後退は出来ます。
左折/右折も出来ます。

でもちゃんと制御できません。

何故か。

速度が速すぎるんです。

2000~5000円程度のオンロード用
タイヤはつるつるで
明らかに屋内を想定した内容なのに、
速度だけが屋外仕様。

狭い家の中で、時速8km~は速いなぁ。

で、買ってしまったラジコンカー
わざわざ遅いやつを調べ直して、買いかえるのもバカらしい。

とうことで遅くしてみようと調べたのですが、
速くする方法は多いのですが、あまり遅くする方法はないみたい。

タイヤの接地面の摩擦を増やすとか、ギア比を変えるとか、
回路に抵抗を組み込むとか、
確かに、電気をモーターに伝えにくくする、
モーターの力をタイヤに伝えにくくするなど
方法と意味は分かるのですが、
イマイチぴんとこない。

一番楽だなと思ったのは、くたびれた電池を使うこと。
かなと思いましたが、電池を無駄に消耗させるのもなんだかな。

色々考えた結果、
くたびれた電池からヒントを得て、電池を減らす方法を考えました。

車側の動力、モーターを動かすための電池は単3が4本。
これが直列に繋がっているということは、
1.5V×4で6.0Vでモーターが回っているということ。

だったらこの電圧を下げればいいじゃないかということで、
電池ボックスの半分のプラスとマイナスを銅線で結んでしまい、
電池2本だけで回路が繋がるように、ちょっと改造。
これで電圧は1.5V×2で3.0Vになる。

さらに、通常使う予定のエネループは電圧が1.2Vなので、
2.4Vになります。
最初の電圧から、単純計算40%のパワーになってるはずですが、
テストしてみたらいい感じの速さに落ちてました。
1本で1.2Vまで一度は落としたのですが、さすがに動きませんでした。

高い電圧をかけると危険なのは分かりますが、
電圧を下げる分には問題ありませんよね?
電池が無くなった時と同じですもんね?

一番簡単なのは、クリップ2本で引っかけるとか。

そういや、昔ミニ四駆のモーターのブレークインで
電池1本で回してたななんて思いだして。
そのとき、プラスチックの単3サイズのケースの中に
銅パイプが刺さってるアイテムがあったなぁ。

と、ちゃんとそういう製品があるみたいで、
ダミー電池というそうです。

いろいろと使い道はあるようですので、
2本ほど試しに買ってみようとも思います。

これで、家の中でもラジコン操作が出来ますし、
制御できるおもちゃなら飽きずに遊んでくれるかもしれません。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

[ 2016/05/29 00:08 ] 玩具 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

函館孫作

Author:函館孫作
twitter:@h_magosaku

お問い合わせ
管理人 函館孫作へ
お問い合わせはこちら から
当ブログはリンクフリーです。
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。