FC2ブログ

孫作の育児日記

新米パパの育児日記と回想録 禁煙日記 子供と遊ぶプラレールのアレコレ ニンテンドークラシックミニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空気清浄機の分解掃除

子供のいる部屋なら、是非ともやっておきたい
空気清浄機の分解掃除

フィルターを交換しても、外から掃除機で吸っても
なかなかキレイになってくれない。
隙間から見えるファンの埃がピラピラ。

実はカビの温床だったり、臭いの原因だったりする。

特に、耐用年数とか保証期間とかが過ぎていたり、
買い替え検討していたりしたら、逆にチャンス。
是非一度は分解してみたいところ。

※分解掃除の注意点として、
①電気系統には触れないこと。
②無理やり外そうとしないこと。
③金属のあるところは水洗いしないこと。
④洗ったパーツが完全に乾いてから組み立て→運転すること。

ほとんどの場合、プラスドライバー1本でバラバラに出来ます。

分解→組み立てが苦手な人は、
部品を取り外すたびに、携帯で写真を撮りながらがいいかも。

うちにある、2台の空気清浄機を分解したところ、
日立製は、電気系統と、ファンが完全分離していたのでとても掃除がしやすかった。
松下製は、残念ながらファンの近くに電気系統があったので、厄介だった。

まあ普通の人は分解掃除なんてしませんからね。
中の構造なんてどうでもいいんでしょうけど。



パーツを取り外したら、激落ちくんと水の激落ちくんのダブル攻撃。
この二つがあれば、落ちない汚れはない。

洗剤じゃないので、ベビー用品の掃除にも向きます。
大掃除に向けて用意しておきたいアイテムでもあります。

もし落ちないものがあれば、それは模様。

「余に不可能はない」と酔えます。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

[ 2014/12/08 00:35 ] その他 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

函館孫作

Author:函館孫作
twitter:@h_magosaku

お問い合わせ
管理人 函館孫作へ
お問い合わせはこちら から
当ブログはリンクフリーです。
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。